「よく頑張りました。」「よく出来ました。」

「よく頑張りました。」「よく出来ました。」

 

6月2日火曜日から少しずつ幼稚園を再開することが許されました。園児に会える喜びを表す言葉が見つからず辞書を使い探してみました。幾つかの言葉の意味を読んでいるうちに自分の気持ちに一番近い言葉を見つけると言うよりも、むしろ自分の気持ちがはっきりと分かってきました。今の気持ちに一番近い言葉が欣喜雀躍(きんきじゃくやく)「小躍りして非常に喜ぶ。」でした。安心しきっての大きな鳥が跳ねるような大喜びではなく。多少の心配はあるものの、湧き上がる嬉しい気持ちは「雀が跳ねるように小躍りして喜ぶ」感じなのです。以前の様に安心して落ち着いた日々を取り戻すまでにはまだ時間がかかるかもしれませんが、子どもたちの笑顔に会えることが何よりも嬉しいのです。もう少しの辛抱です。もう少しです。子どもたちは良く我慢したと思います。大人は理屈をつけて論理的に納得する術を知っています。それを知らない子どもたちはとても大変だったと思います。そして、そのお子様を励まし勇気づけ支え続けたお母さま、お父さま。本当にご苦労様でした。「よく頑張りました。」と言って握手をしたい気分です。また、手前みそで大変恐縮ではございますが、限られ制限された状況でもYouTube、zoomから心のこもった発信を続けてくれた先生方に心から感謝と共に園長としてとても誇りに思っています。

ゴールは見えてきました。あともう少し、もう少しです。こんなウィルスには負けないのです。大丈夫、明けない夜はりません。楽しみ続けましょう。そして笑顔でお会いしましょう。「よく頑張りました。よく出来ました。」

 

パルティにインタビュー記事をとても上手くまとめていただきました。スプリングには短いコメントを掲載して頂きました。お時間のある時に一読ください。

パルティ:  https://partisg.com/interview/home-learning-5/

スプリング:  https://spring-js.com/expert/14698/

 (2020年5月30日)

f:id:eisminemura:20200531020754j:plain

ライオンの様に雄々しく堂々と立ち向かって行きたいものです。2014年8月南アフリカ

 

 

子どもに選ばれた親 1,2,

  子どもたちを幸せにする為に、お父さん、お母さん、が出来る一番大切な事は何でしょうか?それは、お父様、お母様自身が明るく幸せであることです。サーキットブレーカー中、子どもたちが、この環境を受け入れる事は難しいと思います。そして、愛する子どものために何とかしてあげたいにもかかわらず、何ともできない現実に直面し、その怒りとやるせなさでご両親のストレスは更に大きくなっているものと思います。そんな時だからこそ、優しい気持ちになるために子どもの生まれて来た時の事を思い出しては如何でしょうか?

  生まれた前日は何処で何をされていましたか?陣痛が始まった時は何をしていましたか?何時頃どの様にして病院に行かれましたか?どんな風に生まれましたか?陣痛の痛みに耐えながら、何が一番心配でしたか?何を願っていましたか?子どもが生まれた時、初めに誰に何と言いましたか?思い出してみてください。きっと優しい気持ちになれると思います。

「子どもに選ばれた親1」は脳性小児麻痺で苦しんだ姉と両親を思い、「子どもに選ばれた親2」は自分の息子との事を書きました。少しでもお子様とご自身に優しくなれれば幸いです。(2020年5月14日)

 

子どもに選ばれた親 1(2007年10月)

 

先日、ハロハロ(療育のボランティア)でバーベキューをしました。子ども達、お父様、お母様、ボランティアの方々。楽しく穏やかな時を過ごしました。大久保代表率いるボランティアとその家族もさることながら、集まったご家庭のすばらしいこと、本当によいご家族ばかりです。そんなご家族の様子を見てある詩を思い出しました。エドナ・マシミラ作「天の特別な子」という詩です。

 

この地のはるか遠い天で、こんな会合がもたれました。

「さあ、次の赤ちゃんが生まれる時が来ましたよー」と天使達が言いました。

「ああ、でも主よ、この子には特別な愛とケアが必要です。

この子の成長は少しばかりゆっくりで色々な事が出来ないかもしれません。

彼が地上で出会う人々には色々お世話にならなければなりません。

彼は他の子のように走ったり遊んだり上手く考えられないかもしれません。

わからないことや、出来ないことも多いでしょう。

だから、私達はこの子をどこに送ろうか慎重に決めなければなりません。

彼がこの地上で最高の幸せをつかむ為に、主よ、あなたに代わってあなたのようにこの子を愛し育ててくれる最高の両親をどうか探してください。

この子が生まれたとき、その両親は特別な使命に最初気がつかないでしょう。

しかし、この子は天から送られた子であって、この子を通し、彼らはさらに強い信仰と豊かな愛を抱くようになるのです。

天からのこの素晴らしい贈り物を愛し育むことによって彼らはすぐにその与えられた最高の特権に気がつくことでしょう。

彼らに委ねられた、このあまりにも柔和で穏やかな尊い授かりものこそ、天の特別な子なのですから」

 

障害があるとわかってから、たくさんの心配があったでしょう。たくさんの不安があったでしょう。受け入れるまでに果てしない落胆の日々があったでしょう。私の姉も障害を持っています。お人好しの父と頑張る母、姉もやっぱりこの父と母を選んだのでしょう。父は他界し、一人で暮らす母にとって、100%の愛情を受け入れる姉の存在はとても大きなものです。親孝行を一番しているのは兄でも自分でもなく、障害を持った姉のように思います。

 障害を持って生まれると言う事は、人と違う苦労は多少増えますが、決して不幸なことでも、かわいそうなことではありません。子育てはどんな子どもも苦労はつき物です。それをどのようにうまくよい方向に考え乗り越えるかが大切なのだと思います。

 

 

子どもに選ばれた親 2(2007年11月)

 

  最近の高校生は他人をほめることがとても下手なそうです。自分自身もほめられると、どのように反応していいのか分からず不思議な気分になる子どもが増えているそうです。ほめられた経験が少ないのです。愛を表現された経験も少ないのではないでしょうか。子どもが小さなうちはすべてが可愛く、いるだけで心が安らぎ愛情もかけやすいのです。歩いたり、喋るだけでほめることも簡単に出来ました。誰と比較することなく、その子どもだけを見つめ喜べたのです。しかし、体も大きくなり声も変わり、口から出る言葉は反抗的なものばかり、どこをどのようにほめようか、愛そうか考えてしまいます。そんなときに思い出してください。子どもが自分たちを選んでくれたことを、自分たちを頼りに天から来たことを。

 子どもを叱りたくなったとき、しっかりと子どもの目を見つめましょう。すると、この子が私たちを選んでくれたことを思い出します。感情的にならずに話ができます。子どもも聞く耳を持てるようになります。良いところが見えてきます。愛おしくほめるべきところがたくさん見えてきます。

  我が家の息子は反抗期真っ盛りの中学1年生、腹が立つことばかりでも、それでもやっぱりとても大切な宝です。瞳の奥から伝わってくるものは幼いころの親を求める純粋な彼の心です。選ばれたわれわれ親はそのことに恥じないようにちゃんとしているでしょうか。いまでも選ばれる資格があるでしょうか。子どもの問題は殆ど親が原因を作っています。悪いのは親なのです。親自身が自分を見つめなおさなければいけないのです。子どもを変えるためには親が変わるしかないのです。さて、どこからはじめましょうか。息子と顔を合わせたときに、文句からではなく、ほめることからはじめてみようと思います。(後日談、息子と肩を組もうとしている父に息子いわく「お父さんもそろそろ子離れしなきゃね。」だそうです。)

f:id:eisminemura:20200514172620p:plain

カワセミ

 

いじめ(2006年11月)

 2006年に福岡県で中学2年生がいじめを苦にして自殺した事件が起きた直後の文章です。先生として、園長として、父として、深く考えさせられた事件です。いじめの解決方法は先生としても親としても本気である事を子どもに伝える事だと思います。特に親としては、「私はあなたを心から愛している事、いつでも一緒に戦う事、それでもだめなら家族で引っ越して新しい人生をやり直していいと言う事。」これをきちんと言葉で伝える必要があると思います。いじめられると親に遠慮しがちで恥ずかしくて言えない子どもが多いようです。なんとなくではなく、何度でも言葉で伝える事が大切なのだと思います。多感な時期の子どもの命を守りましょう。幸せになりましょう。

で、迷ったらいつでもご相談ください。一緒に悩みましょう。(2020年5月)

 

いじめ(2006年11月)

 日本ではいじめの問題がまた、クローズアップされています。もしも、自分の子どもがいじめられて自殺したら、決して許すことが出来ません。対処しなかった学校も、担任も、そしてそれを止められなかった自分自身も。▼子どもたちと付き合って来て約20年がたちます。色々な子どもがいました。状況や年齢が違っても共通して言えることは大人側の本気をすぐに見破るということ。子どもたちは何度も大人を試してきます。決して負けず、本気であることを分からせます。特に問題を抱えている子どもたちには、自分が大切に思っていること、何とか助けたいと思っていることをきちんと伝え、腹を据え時間をかけること、先生と生徒というよりも一緒に考えて一緒に抜け出そうという気持ちが大切です。▼「なんでいじめはいけないの?」このことにきちんと答えられる先生がどれだけいるのでしょうか。もちろん正しい答えなんてありません。しかし、先生が本気で考えた答えがあるかどうか。本当に生徒の痛みを自分の痛みとして感じようとしているかどうかが問われます。けんかもいじめも心の成長に不可欠です。問題はいじめやけんかを通して人間関係や心の痛みを学ぶことが出来たか、放って置かれたかです。その場できちんと指導されれば子どもたちは多くのことを身をもって学べます。しかし、放っておかれれば暴力や人を傷つけることに鈍感になりエスカレートしていきます。いじめられる側もいじめる側もどんどん追い詰められていきます。最悪の結果いじめられる側は死に追いやられ、いじめた側はそのことの重大さにショックを受け立ち直れないほどの自己嫌悪に陥り大きな罪の意識を持ったまま生きる。或いは、友人の心の痛みも或いは死に対しても鈍感になりどんどんと自分がコントロールできなくなり更に凶暴になる。いじめる側が加害者でいじめられる側が被害者ではなく、指導できない先生や大人が加害者で子どもが被害者なのです。▼「何でいじめはいけないの?」「いじめているとね、君が不幸になるんだよ。人を信じられなくなるんだよ。いじめられることに怯えなきゃならなくなるんだよ。大切な君が幸せになるために、素敵な人生を送るために人をいじめてはいけないんだよ。」「自分を大切にして欲しい。逃げてもいい、がんばれなくてもいい、だめでもいい、かっこ悪くてもいい、生きることが大切なんだ、今、あなたがそこにいることが大切なんだ、あなたはとても価値のある人間なんだ。あなたを必要としている人がたくさんいることを理解して欲しい。死にたいほどつらい思いをしたならなおさら、あなたを必要としている人が今も未来にもたくさんいるんだよ。」

 

f:id:eisminemura:20200512093807j:image

 

教育方針2(2006年10月)

教育方針1の続きです。少し具体的に書いてあります。もっと子どもたちとしてみたいことがある事に気が付かされました。昔の自分に背中を押されているような気がします。(2020年5月)

 

教育方針2(2006年10月)

 もうひとつ大切なことは、日々の活動を通してうれしい体験や発見をいっぱいしてほしいのです。「楽しいね。嬉しいね。綺麗だね。いい匂いだね。美味しいね。」の体験をします。少々無理やりでもこれらの気持ちを引き出します。いろいろなことを体験することは面白いんだ。生きていることは素敵なことがたくさん起こるんだ。このことを体験し心にしみこませてほしいのです。勉強も遊びも、新しい体験という意味でまったく同じなのです。大切なことは体験すること、何かを知ることは楽しいことなんだということを印象付けることです。

 幼児期は出来ることを目的とするのではなく、将来学習する内容がよりよく理解するために、さまざまな体験を通して想像力を豊かにすることが大切です。砂で山を作り、川を作り、水を流し急なところは水が早く流れ、平らなところでは水が溜まり又流れる。川は蛇行するとどんどん崩れてしまう。おままごとで葉っぱをちぎると薄い皮がむける。筋がある。サツマイモや大根を使ってスタンプを作る。真横に切ると丸くなる、斜めに切ると楕円形、縦に切ると長方形、いろいろな形に切り口が変化することを体験しておいてほしいのです。    

 今の小学生、中学生は体験を伴わない知識が多く、想像力が乏しいと感じます。想像力は頭の中だけで養われるのっではありません。手で触って、目で見て、においをかいで、何かを感じ、そこから更に複雑なことを考え、想像できる力が養われるのです。楽しい体験をいっぱいして、想像力を豊かにして、新しいことを創造できる人になってほしいのです。

 自分が大切な存在であるということ。生きていることは楽しいことすばらしいことがたくさんあるんだということ。この二つが理解できていれば生きる力がつきます。必ず幸せになります。自立することができます。強い意志を持つことができます。人に優しくなります。他人の評価に惑わされず、見た目のよい、似たような結果よりも、自分で出来たことに誇りを持ってほしいのです。自信を持ってください。自分の足で歩くのです。毎日楽しく何にでも挑戦してほしいのです。子どもたちが今も将来も安全で幸せな人生を送ることを心から切望いたします。(2020年5月推敲)

教育方針その1(2006年9月)

 イーズ開園当初に書いた文章です。今とほとんど考え方は変わていません。更に強くこの思いがしています。コロナウィルスで家にいることが多いでしょうが読んでみてください。そして今のイーズにおいてぶれているようなことがありましたら是非ご指摘ください。(2020年5月)

 

教育方針その1(2006年9月)

 イーズの理念は「子どもたちの今と未来を幸せにする」です。先生や親に都合のよい子でも、他人の価値基準に合わせて高い評価を目指すものでもありません。その子ども自身が幸せになることが目的です。私は合格を目指す受験業界に十五年間いました。子どもたちと合格のために必死に戦ってきました。今でも、その頃の子どもたちから連絡をもらうと思い出がよみがえります。泣いたり笑ったりいろいろな山を乗り越えました。先生と生徒というよりは同じ目的に向かった同士のように思います。勉強は大切ですし、合格という一つの目的に向けてがんばることはとても素晴らしいことです。また、競争社会も受け入れるべきだと思います。しかし、うまく行くケースばかりではありません。挫折してしまう子ども、つぶれていってしまう子ども、最悪のケースとして自殺してしまう子どもまでいます。幸せになるために勉強しているのに、その手段につぶされてしまう。とても悲しい事です。幸せになる前につぶれない為には競争社会に出る前に分かっていなければならないことがあります。それは、「あなたはとても大切で価値のある人間である。」と言う事です。合格しても不合格でも100点とっても20点でも、それは、決して変わらない。親にだけでなく、みんなにとって大切な存在であることを分かってから競争社会に出てほしいのです。それから点数で評価されたり、合格、不合格をもらったりすればいいのです。どちらであっても「あなたはとても大切で価値のある人間である。」ことには変わらないのです。ですから、その評価を堂々と受け入れて思い切り楽しめばいいのです。嬉しいとき、そのことを聞いたら一緒に大喜びしてくれる人がいるのです。悲しいとき一緒に泣いてくれる人がいるのです。自虐的になりそうなとき心のどこかでそんなことしたら悲しむ人がいることを心にしみこませてほしいのです。(2020年5月推敲)

 

幸せトレーニング

幸せトレーニン

                                   2020年4月

 みなさんお子様と一緒に、ネット配信を楽しんで頂けていますか?園長マジックも出来るようになりましたか?また、新しいものをアップしていきます。楽しみにしていてください。幼稚園に来られない間は、ご家族で楽しく過ごしてください。こんな状況だからこそ、自分の幸せ力を鍛えるいい機会と捉えてみませんか?もしどうしてもイライラしてしまうという方や、ストレスが溜まってしまう方に、もっと自然に楽しく生きる園長流トレーニング方法をご紹介します。

先ず最初に、「自分は幸せだ」と決めて下さい。人は自分の意味づけした世界に生きています。毎日一つでも幸せの種を探し、それを見つけるたびに幸せを感じるのです。誰だって思い通りでない事は沢山ありますが、これはもっと良い結果になるための過程であることを信じてみましょう。

次に「他の人の事を幸せ」にする方法を考えることです。自分の事を考えると心配ばかりがつのり、不安になります。しかし、他の人の未来を幸せにする事はもっと楽に想像することが出来るし、ポジティブな影響を与えることが出来ます。今回の外出制限で私どもの幼稚園も閉鎖を余儀なくされましたが、この閉鎖の間に園児が自宅でワクワク楽しめる企画を考えると、自分も楽しくなってきて色々アイデアが浮かんできます。

そして、そのアイディアを「すぐに行動」に移すことです。行動せずにじっと考えてばかりいると出来ない言い訳が次から次へと頭の中に生まれ、どうせやったってたいしたことないと思い始めます。良い行動は5秒以内に行動しないと、やめてしまう傾向にあるそうです。ですから、私も何かアイディアが浮かんだら、すぐに行動に移すようにしています。行動しながら考えることが大切なのです。

幸せトレーニングは、以上のようなたった三つのシンプルなステップです。えっ、何にも思いつかないって?大丈夫です、まずは朝日を浴びて、ベッドから出て、ラジオ体操から一日を始めてみて下さい。体を動かせば、必ず気持ち良さや健康のありがたみを味わえると思います。ご自分の幸せ力を鍛えて、自分も周りの人も幸せにしていきましょう。

宝物の見つけ方

宝物の見つけ方

 

2020年3月に幼稚園の引っ越しをしなければならない状況になりました。引っ越しは大変な作業です。その仕事量の多さもありますが、一番の心配な点は子どもたちにとって今まで以上に、素晴らしい環境を新しく作れる場所を見つけることが出きるかです。色々な候補地を何度も内見し、試行錯誤、先生方と話し合いを重ねて一番の場所を見つけたと思っても、常に「この場所で良かったのか?もっと良い場所があったのではないか?」と不安が付きまといます。不安な気持ちでいると文句が出てきます。「なんで引っ越しをしなければならないのだ。自分の人生は上手くいかずに困難ばかりで不幸だ。」その自分の言葉に心が不安定になり更に不安がつのりします。やっと見つけた引っ越し先のまだ内装工事の済んでいない現場に何度も足を運びます。危険はないか。登園いた時の子どもの流れはスムーズにいくか。床の素材、壁の色、光の取り込み具合、トイレの使い勝手。不安を一つ一つ潰していきます。そして、心を落ち着けて、子どもたちが遊ぶ姿を想像します。そうすると不思議なもので、色々と楽しい事が見えてきます。「この原っぱでは思い切り子どもたちが走れるし、ボールも蹴れる。この体育館ではこんな遊具があったら面白そうだな。」不安がだんだんと期待と喜びに代えられます。未来が明るく見え始めます。きっと過去と未来の子どもたちが自分の心にエネルギーを与えてくれたのだと分かります。

 不安や不満、或いは怒りの視線で見ていると幸せの種は見つけられなくなるのだと思います。どんな状況にあっても与えられたことに喜びと感謝の気持ちを持ってみると素晴らしい宝物が見えてきます。不安は自分の保身の気持ちなのかもしれません。子どもたちとどれだけ楽しめるか?与えられた人、物、場所、を精一杯生かし、その中でみんなの笑顔を求めていくと、やってみたい事が数々見えてきます。そして、それを具体的に考えていくと、自分一人では出来ない事で先生方やスタッフと協力し合い作り上げると更に楽しいさが広がります。

苦しみや不安の前に立った時、その世界から抜け出す方法は利己的な幸せを求めるのではなく、みんなで幸せになる想像をすることなのでしょう。力を合わせて子どもたちの今と未来を幸せにするために力を合わせましょう。そこに自分の宝物もあるのです。